FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

ライヴ参戦

本日あわてて毛皮のマリーズのチケット一般発売に臨んだ。

しかしながら福岡は残念ながら売り切れ。

駄目もとで熊本を見に行ったら余裕で買えた。

ということで熊本参戦決定です。

今年は九州新幹線開業の年と相まって

もうすでに熊本に行くのは4回目w

どんだけ熊本が好きなんだって感じだけど、

熊本で見に行ったこれまで2本(3回のうち1回は観光のみ)のライヴ

吉井さんとTYOはいずれも良かったので今回もマリーズ初の熊本ライヴも楽しみにしている!


さて、明日の試験頑張ります!

おやすみなさい。

| Golden Way | コメント(0)

終わりははじまり

本当はレッチリの新譜の記事を書こうと思ったのだが、

これにも触れておかなければならないだろう。

毛皮のマリーズ解散

と言ってもだ。

「またしても」解散による喪失感を感じない。「またしても」と言うのはもちろん「イエローモンキー」の解散。

のときもと言うことだ。

前にもブログで書いたが、「イエローモンキー」の時は自分も高校を卒業してある意味「青春の1ページ」が

終了したように受け取っていてすんなり受け入れられた。まあバンド解散が正式に発表されたのはその約3年後

だったけどその時もやはりそれぞれのソロ活動は進んでおり、「現在進行形」は「ソロ活動」って言うことで

もはや「過去」となってしまった「解散」には特に何も感じなかった。

「現在」を精一杯生きる自分には「過去」を気にする余裕がなかったのかもしれない。



さて、本題に戻してマリーズの解散に対してもそうかというとこれは違う。

それは彼らの現在進行形は紛れもなく「毛皮のマリーズ」だからだ。ではなぜ解散による喪失感を感じないかと

言うと、




これはある意味

壮大な釣り

にしか思えないからだ。

まあ「壮大な」と言うには大袈裟すぎるけど。

覚えているだろうか?自身のバンドの解散に寄せてある人はこう言ったことを

これは解散という名の活動だ


「終わりはじまり」

こうして書いてみると「釣り」と言うのはいささか表現が違うような気がする。

これは「真っ当な活動」だ。何かの終わりは何かの始まり。この「解散」と言う活動によって「何か」が始まる。

それはやはり「毛皮のマリーズ」ではないかと思っている。

では、なぜそう思っているのか、ここからは推測だが、彼らのHP上に意味深な「108」の文字(9月8日現在)

が物語っているように思う。この数字は昨日(9月7日現在)では「109」だった。

もう108日たつとクリスマスだ。

ツイッターや他の人のブログなどをみると今回、志摩氏はキリストに扮しているそうだ。

そうクリスマスはキリスト「誕生」の日。もう気が付いている人も多いと思うが、

12/5日本武道館で解散し、この「降誕」の日に何が発表されるのか?

ということに否が応にも注目してしまう。


果たして「Who Killed Marie?」のツアータイトルにあるようにマリー(ズ)を殺った(解散させた)のは誰の仕業なのか?

今からクリスマスが楽しみです(笑)

とりあえずニューアルバム、事実上ラストアルバム(笑)をまだ入手していないのでまずはゲットしようと思います。

| Golden Way | コメント(0)

今日の目覚めの一枚

で取り上げられていたMUTEMATH。

ツイッターには書いたけど、サマソニ初日の個人的ベストアクト!

特筆すべきはドラムのダレンがスネアに水をぶちまけてドラムを叩いていて

叩くたびに水柱があがる圧巻のパフォーマンス!

そのほかにもボーカルのポールがキーボード越しに前転をするパフォーマンスもあったりと

見る者を飽きさせないそのパフォーマンスに目が釘付けだった。

そんなこんなで買ってしまった。1st EP「RESET」

ResetReset
(2004/09/28)
Mutemath

商品詳細を見る


朝の目覚めには1曲目の「Control」3曲目の「OK」6曲目の「PROGRESS」がピッタリ。

個人的にはビートの効いた2曲目の「Peculiar People」が好み。歌詞がすばらしい!

俺たちは選ばれし者、俺たちは飛ぶために生まれてきた


4曲目の「RESET」もいいなぁ。インスト曲だけどこちらもダレンのビートが心地よい。

5曲目の「PLAN B」もよい!歌詞は「Peculiar People」と対照的ではあるけれども。

7曲目「AFTERWARD」はRADIOHEADの「How To Disappear Completely」のような浮遊感があって

最後にふさわしい1曲。

とまあどの曲も自分のツボにハマる曲ばかりでこれはもうアルバム全部集めるしかないなという

テンションです。

吉井さんが言うとおり音楽は生がいい。

サマソニなどのフェスだとそれを特に実感する。

なにせ初めてみるアーティストとのケミカルリアクションが楽しみだからだ。

ミュートマスは全然予習もせずにその場の流れだけで見たから余計にツボにハマったんだと思う。

俺ってそういう出会いが多いなぁ。考えてみると。

恋愛でもそうだしなぁ。なんてふと思いましたが。

そんなこんなで来年30になる俺は今年初めにあることを決めていました。

それは

ライブ参戦は今年で最後にすること


しかし、それは無理だと思いこの度撤回することにした

来年も山ほどライヴに行くぞ!

その前に今年の秋冬もいくぞ!ってことで決めているのが

11月
TRICERATOPS(イムズホール)
SOIL&PIMPSESSIONS(DRUM Be-1)

12月
エアロスミス(マリンメッセ)
ELT(福岡サンパレス)
フジファブリック(DRUM LOGOS)
吉井和哉(大阪城ホール)
吉井和哉(日本武道館)

の予定です!

やっぱり〆は吉井さんと言うことで今年すでに9本見に行っているのに懲りない(笑)

吉井の罠にはまってかれこれ15年。長いなぁ!

今年は何と言っても年末2本見られるのが幸い!

あの音響のいい城ホールでも見られるのだから今からワクワクが止まらない(笑)

9月が始まったばかりですが、もう気分は12月年末の気分。

さあ、このままかけずりまわすぜ!

暴れまくるぞ!

| Golden Way | コメント(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。